Skip to Content

CPO(最高調達購買責任者)が問うべき 5 つの質問

CPO(最高調達購買責任者) が問うべき 5 つの質問は、SAPの調査により貴社の現在のギャップと強みを把握することができます。調達購買に求められるデジタル化推進に着手するための資料としてお役立てください。

コロナ禍により明らかになった調達・ 購買における理想と現実のギャップが、調達のデジタル化への投資に影響を与えなかったとしたらどうなるでしょうか。 まさに今が調達・購買のデジタル化に向け、投資を促進するまたとないチャンスです。

変革推進に役立てるため、すべてのCPOがチームで討議し貴社の現状を把握する必要がある5つの重要な質問:

Q1. サプライヤーに関するリスクは適切に管理できていますか?
Q2. 手作業の多い非効率な業務を行っていませんか?
Q3. 調達・購買ソリューションの社内利用率はどのくらいですか?
Q4. どの程度データに基づいた意思決定を行えていますか?
Q5. 利用している外部人材をどれだけ把握していますか?

ソリューションの推奨事項や、SAP Aribaを活用して調達購買の俊敏性、支出の可視性を高めて、ビジネス全体へ貢献している お客様事例もご紹介しています。 是非、ご参考ください。

ダウンロード