Skip to Content

緊密な連携で取引を超えた関係を築く

直接材支出のリーダーが必須サプライヤーと連携してパフォーマンスを改善する

サプライチェーンはビジネスの生命線です。2020年の危機的な市場の混乱の後、多くの幹部は、よりレジリエンスの高いサプライチェーンを構築しようと懸命になっています。SAPはOxford Economics社と共同で1,000人の幹部を対象にした調査を実施しました(うち約500人は直接材支出の担当者)。幹部たちは、この不確実な経済環境の中で、構築しているサプライチェーンに自社を牽引する力を持たせたいと願いながら、まだまだ改善の余地があると考えていることが判明しました。

このレポートをダウンロードし、直接材支出のリーダーたちのリーダーたる所以をご確認ください。

ダウンロード