Skip to Content

状況をさらに深掘りする

調達・購買に高度なアナリティクスを採り入れ、予測に基づいたサプライヤーリスク管理を行う

2020年の市場の混乱を受けて、サプライヤーリスクは、企業の幹部が最も留意しているポイントになっています。コロナ禍は企業のストレステストをはるかに超えるものであり、ビジネスリスクに対する認識を変えてしまいました。去年までは許容し得ると考えられていた手法が、今やリスキーなものになりました。SAPはOxford Economics社と共同で、1,000人の調達・購買部門およびサプライチェーン部門の幹部を対象に調査を行いました。この調査によって、組織がサプライヤーリスクをいかに管理しているか、さらに、現在直面している課題および改善ポイントが明らかになりました。

このレポートをダウンロードして、リーダーたちが何を行い、どのように高い成果を出しているかをご覧ください。

ダウンロード