Skip to Content

日本企業の競争力強化の“切り札” 「間接材」調達・購買改革のインパクトとは

無駄なコストを削減し利益を高めることは企業経営の基本だ。そこで多くの日本企
業が「乾いた雑巾を絞る」思いで原材料や部品など製造コストの削減に取り組んできた。
ところが一方で、これまでほとんど手付かずだったのが「間接材」調達のコスト削減だ。
実は、米国では2000年代から間接材に着目し、その調達・購買の管理・統制を強化し
てきており、それが日本企業と米国企業の営業利益率の差となって表れているとの
見方もある。なぜ今、間接材に着目すべきなのか、どうすれば間接材調達・購買の管理・
統制を徹底することができるのか。ヤマハ発動機様、JTビジネスコム様
の成功事例を交えながら紹介する。

ダウンロード