Skip to Content

間接材調達の「ブラックボックス化」解消が生んだ社内変革 日東電工が「SAPAriba」で実現した幅広い成果とは

コストや管理の仕組みを見直さない企業はないだろう。とりわけ
製造業はシビアだが、「間接材」は売上と直接関係しないことも
あり、手つかずとなっているケースが少なくない。高機能材料の
グローバルメーカー、日東電工(Nitto)もそうだった。しかし、
クラウド調達・購買システム「SAP Ariba」の導入によって、
間接材調達のブラックボックス化を解消。
それをきっかけに社内変革が進み、今ではさらなる先進的な取
り組みにも着手している。なぜそこまでの変化が起きたのか、
そのプロセスをたどった。

ダウンロード