Skip to Content

調達・購買が牽引する業績アップ

デジタルトランスフォーメーションによる調達・購買の強化

今までのやり方では通用しない時代がやってきました。

多くの組織が、調達・購買の基盤になるサプライヤーの管理に四苦八苦しています。連携も完全とは言い難く、パフォーマンスも可視化も、改善すべき課題が山積しています。2020年の市場の混乱は、以前から存在するこうした問題を顕在化させたに過ぎません。SAPは、Oxford Economics社と共同で、1,000人の調達・購買部門およびサプライチェーン部門の幹部を対象に調査を行いました。この調査は、調達・購買が組織に与える影響、サプライヤーコラボレーションの現状、テクノロジーとプロセスのデジタル化が調達・購買部門に与える影響を明らかにするために行われました。

その結果は興味深いものでした。レポートをダウンロードして、詳細をご覧ください。

ダウンロード