Skip to Content

調達・購買・支出管理 のあるべき姿 ーデジタルによるプロセス合理化

調達・購買業務の効率化と統制” は多くの企業様にとって課題に感じられているかと存じます。効率化に関しては、拠点や部署ごとの業務プロセスが標準化されていないことや、紙でのやりとりが残っていることが原因として考えられます。また、統制に関しては、重要と認識されながらも全ての三点照合(発注、検収、請求)を実施するのは現実的に不可能であると判断されている企業も多いのではないでしょうか。これらの二律背反する効率化と統制をデジタル化によってどの様に両立できるのかを事例も交えてご説明させて頂きます。

講師
SAP ジャパン株式会社
インテリジェントスペンド事業本部(SAP Ariba)
バリューアドバイザリーディレクター 太田 智

ビデオを見る