Skip to Content

デジタルの活用により時間とリソースを最適化

現在、デジタル化とグローバル化によって変化のスピードがますます速くなり、ビジネスに関わる多くの人々を当惑させています。どの業種の企業も、人々との関わりを強化し、人々のニーズを満たしながら、同時に事業の妥当性を維持し、競争力を高めようと苦戦しています。また、事業やサプライチェーンのグローバル化により、ビジネスチャンスやリスクに効果的に対処することが難しくなっています。

必要なのは、新しいアイデアや新しい物事の進め方を考え出すことに、より多くの時間とリソースを振り分けることです。

デジタル化には、それ自体に価値があります。ガートナー社の定義によると、デジタル化とは、デジタルテクノロジーを利用してビジネスモデルを変え、新しい収益や価値創造の機会を享受するために、デジタルビジネスに移行するプロセスのことです。


プロセスの自動化と合理化

調達・購買やサプライチェーンを管理するためのビジネスプロセスをデジタル化する場合、通常はデータや伝票のデジタル化から開始します。プロセスが自動化および合理化されると、以下のような価値が生み出されます。

市場の変化により早く、より効果的に対応

より多くのコストが削減され、その分を戦略的な仕事に割り当てることができる

契約や規制に関するコンプライアンスの強化

より多くの時間と知識をコラボレーションやイノベーションに投入

購買と処理コストを低減

デジタル戦略の立案

デジタル戦略を立案する際には、差し迫ったビジネスニーズを調べ、プロセスの自動化やデジタル化によって実現可能な組織の価値を探ります。

An abstract blue digital wave of data illustrates the benefits of accounts payable process automation
買掛金処理の自動化

買掛金ソリューションで調達・購買処理と買掛金処理を統合させることにより、統制やコンプライアンスを向上させながら、コストやリスクを軽減できます。

詳細
Image promoting page on ariba.com about contract lifecycle management
契約ライフサイクル管理

契約ライフサイクル管理(CLM)は、契約の開始、承認、コンプライアンス、更新といった主要ステージにおいて契約プロセスを自動化および合理化します。

詳細
Image promoting page on ariba.com about what is e-invoicing
電子請求書管理

電子請求書管理は、請求書の管理を合理化し、請求書とコンプライアンス関連ドキュメントをまとめて扱う方法を簡素化します。

詳細
Image promoting page on ariba.com about what is procure to pay
Procure-to-Pay

Procure-to-Payとは、効率を高めるために購買システムと債務管理システムを統合したプロセスです。

詳細
Image promoting page on ariba.com about what is source to pay
Source-to-Pay

Source-to-Pay(S2P)とは、商品サプライヤーを見つけることから始まり、交渉と契約を行い、最後の支払いを終えるまでのプロセスです。

詳細
Woman executive explaining the benefits of SAP Ariba spend management solutions
支出管理

支出を大きな視点でとらえ、より多くの支出を管理下に置き、組織の価値を高めてください。

詳細
image promoting page on ariba.com about what is the strategic sourcing process
戦略的調達

戦略的調達とは、データ収集、支出分析、市場調査、交渉、および契約をつなげる調達プロセスです。

詳細
Woman looks at her laptop learning about vendor management on the Ariba Network
サプライヤー リレーションシップ マネージメント

調達・購買に仕入先管理を統合し、推奨される仕入先により多くの支出を振り分け、あらゆる面でリスクを減らします。

詳細

SAP Ariba製品に関する質問

エキスパートとチャットをするにはこちらをクリックしてください。