支出管理とは何か

支出管理とは、すべての支出を特定して、支出から最大の価値を引き出すために、すべてのサプライヤーとの関係と、企業の購買を包括的に管理する実証済みの手法です。計画に沿って購買が行われ、コンプライアンスや契約に従って支払が行われるようにするために、調達から決済までの支出に関するすべての活動を統合、自動化することが支出管理のベストプラクティスです。

支出を大きな視点でとらえることで、より多くの支出を管理下に置き、組織の価値を高めることができます。以下のような価値を生み出すことができます。

  • 効率性の向上 – 誤りが発生しやすい手動プロセスを自動化
  • 支出と供給リスクを低減 – 何を、どの企業から、どれだけ購入しているかを正確に把握する
  • コラボレーションの効果を高める ­– 取引会社、およびさまざまな職務で構成されるチーム間のコラボレーション
  • 生産性の向上 – 時間やリソースを解放し、より戦略的な活動に取り組めるようにする

調達から支払までのすべての支出に関する活動を統合し、自動化することによって、より多くの支出を管理下に置き、支出から得られる価値を最大限に高めます。

プロセスのデジタル化と統合

支出管理は、調達、契約、購買のプロセス、さらにはサプライヤー管理、請求、支払のプロセスをデジタル化することから始まります。これらの機能をシンプルでインテリジェントな1つのプロセスに統合し、デジタルビジネスネットワークに統合されたクラウドベースの単一のプラットフォーム上で実行します。これにより、すべての支出データを収集して分析し、組織全体の支出に関するインサイトを得ることが可能になります。

インサイトを 行動に変える

支出管理ソフトウェアを使用することにより、相互接続されたエンドツーエンドのプロセスでインサイトを行動に変えることができます。

より強力な交渉力を持つ立場で調達を実行し、サプライヤーから有利な価格を引き出す

リアルタイムで契約を作成し、それを一元化されたリポジトリーに保存することにより、「見える化」とコンプライアンスを高める

購買管理により、推奨サプライヤーから交渉後価格で購入するという方針を社内で徹底させる

信頼できる最新のデータをあらゆる視点から参照できるようにして、サプライヤーのライフサイクルとパフォーマンスを管理する

サプライヤーに対する多面的な可視化を通じて、サプライヤーのリスクを低減し、経営、企業イメージ、収益に問題が生じる可能性を減らす

請求書の取得、ワークフロー、および承認を自動化することにより、例外処理を減らし、契約と発注におけるコンプライアンスを確保する

サプライヤーと連携して支払を管理し、フリーキャッシュフローを増やし、運転資金の状況を改善し、早期支払割引を活用する

これこそが、支出管理

SAP Aribaの支出管理ソリューション

ソリューション概要

SAP Aribaの幅広いソリューションポートフォリオには、サプライヤー管理、戦略的調達、購買などのソリューションが含まれます。

詳細
Ariba Network

世界最大のビジネスネットワークとして、企業同士をつなぎ、企業間でコラボレートして商取引を行うことのできるデジタル市場です。

詳細
SAP Ariba Snap

中規模企業や新興企業向けの導入、管理、使用定着が容易な購買システムを活用して、支出をコントロールしましょう。

詳細