サプライヤー リレーションシップ マネージメントとは何か

仕入先管理は、購買側の企業(「バイヤー」)が日々の活動やミッションの達成で必要となる商品やサービスのプロバイダーとの関係を開始し、発展させていくための多段階プロセスです。バイヤー側から見た場合、サプライヤー リレーションシップ マネージメントの主な段階は以下のとおりです。

  • 仕入先の選定:最新のリスクプロファイルを使用し、カテゴリー、地域、ビジネスユニットに基づいて選別、セグメント化する
  • リスク評価:仕入先の特徴に基づいてリスクに関するデューデリジェンスを実行する
  • 契約交渉:条件とリスクKPIを定める
  • オンボーディング:リスク評価と監査ステータスを理解する
  • パフォーマンスの管理とリスクの監視/軽減:仕入先をマトリクス方式で層別する単一ビューと、データ主導型のインシデントモデルを活用

仕入先管理を調達・購買プロセスとサプライヤーネットワークに組み込むことにより、リスクを減らし、迅速でスマートな意思決定を行えるようにします。

仕入先、サプライヤー、どちらの用語を使用するか?

「仕入先」と「サプライヤー」の用語は区別なく使用されることがあります。いずれか一方を好んで使用する企業もあります。どちらの用語を使用したとしても、多くの企業が多くの仕入先と取引し、世界中に広がるサプライチェーンの中でお互いに結びついています。こうした多数の結びつきによって、企業が仕入先に関して必要な情報を得たり、仕入先のパフォーマンスをモニタリングすることが難しくなっています。また、仕入先の仕入先、さらにその先にある仕入先について知ることは一層困難です。

さらには、企業の活動が世界に広がり、世界中の仕入先と取引するようになると、仕入先データはスプレッドシートや個人のハードディスクの中など、ローカルで管理されることが多くなります。こうしたマニュアルによる仕入先情報管理システムでは、データはすぐに古くなって現状に合わなくなります。

仕入先情報や仕入先のパフォーマンスに対する可視性が欠けていると、企業の供給リスクが高くなり、自然災害、製品のリコール、倫理違反などの難しい状況が発生したときに迅速に対応できなくなります。また、どの仕入先から購入すればいいかを従業員が判断することも難しくなります。

仕入先管理のデジタル化と自動化

仕入先管理のベストプラクティスでは、調達・購買プロセスと統合した、クラウドベースの仕入先管理ソフトウェアが求められます。以下のことが可能な最良の仕入先管理ソフトウェアを実装しましょう。

仕入先マスターデータを最新に保つためのシンプルなツールを仕入先に提供し、企業情報を自ら管理できるようにする

仕入先マスターデータをクラウド上で維持し、世界中のどこからでもアクセスできるようにする

仕入先の情報、審査、セグメンテーション、パフォーマンス、支出、リスクデータを一カ所に統合し、あらゆる視点から各仕入先を捉えた、統一的なビューを提供する

推奨される仕入先に、より多くの支出を割り当てるようにする仕入先管理フレームワークを実現する

仕入先リスク管理に役立つようにリアルタイムの情報を同期連動させ、情報に基づいた迅速な意思決定を可能にして、供給の中断を回避する

選定された仕入先は高品質な商品やサービスを持続的に提供してくれるという確信が持てる

仕入先管理のためのSAP Aribaソリューション

ソフトウェアとソリューションを利用してサプライヤー管理を簡素化

SAP Aribaは、サプライヤーの情報、ライフサイクル、パフォーマンス、リスクのすべてを一カ所で管理できる、唯一のエンドツーエンドのソリューションポートフォリオを提供します。

詳細
サプライヤーライフサイクル管理

SAP Aribaのサプライヤーライフサイクル管理ソリューションは、調達・購買プロセスと統合され、推奨サプライヤーの選定とサプライベース全体におけるコンプライアンスの強化をサポートします。

詳細
SAP Ariba Supplier Risk

SAP Ariba Supplier Riskは、バイヤーがサードパーティーとの関係を選択する際にスマートで安全な意思決定を下せるようにします。

詳細