「調達から支払いまで」のプロセスの概要

Source-to-Pay(S2P)とは、商品サプライヤーを見つけることから始まり、交渉と契約を行い、最後の支払いを終えるまでのプロセスです。

S2Pソフトウェアはテクノロジー、ビッグデータ、デジタルネットワークを活用して、調達効率を向上させます。トップクラスの企業は、調達・購買をばらばらなタスクとして扱うのではなく、全業務部門間で購買を集約させることで、パフォーマンスを向上させ、優れた支出分析を行い、ビジネス価値を高めています。Source-to-Payプラットフォームを採用する企業は、次のことが可能になります。

  • 調達・購買に対する可視化を向上させて、より大きな調達コスト削減を実現する
  • 主要なプロセスを1つのプラットフォームに統合して、契約締結までの時間を短縮する
  • 手続き、規制、契約に関するコンプライアンスを強化する
  • 取引先との間のコラボレーションと信頼を向上させ、支出削減につなげる
  • 優れた価格交渉を行い、予測の精度を上げる

「調達から支払いまで」のコアプロセスと伝票をデジタル化することによって、調達プロセスを簡素化し、コラボレーションを促進します。

Image used on ariba.com page about source to pay process
Image used on ariba.com page about source to pay process

インテリジェンスへのアクセス、支出管理、コンプライアンスを強化

Source-to-Payソフトウェアは、それまで複雑で非効率だった調達プロセスを、生産性向上、コスト削減、価値創造の源に変えます。「調達から支払いまで」のプロセスのベストプラクティスが組み込まれており、バイヤーやサプライヤー間のコラボレーションが強化され、取引が迅速化され、人為的ミスが削減されます。

調達チームと財務チームのための「調達から支払いまで」のプロセスの変革

調達から契約、購買、支払いまでを網羅した「調達から支払いまで」のプロセス全体を、単一のプラットフォームで完全デジタル化し、統合し、自動化します。

サプライヤーを迅速かつ正確に調査する

時間がかかりエラーが発生しやすい手動プロセスをなくす

発注と受注を迅速に行う

動的な購買ユニットで予算と承認をチェックする

世界のどこからでもサプライヤー、プロセス、予算を管理する

スタッフがより戦略的な活動に注力できるようにする

SAP Ariba Procure-to-Payソリューション

Stock information in chinese
戦略的調達

要件を満たす適格なサプライヤーの探索、調達サイクルの迅速化、最も競争力があり価値の高い契約の締結により、あらゆる調達のニーズに対して持続的なコスト削減を達成します。

詳細
Man on his laptop at night with city skyline in background
調達・購買

Guided BuyingやSpot Buyなどの革新的な機能を備えた優れた購買エクスペリエンスをユーザーに提供しながら、同時にコンプライアンスやコントロールを徹底します。

詳細

SAP Ariba製品に関する質問

エキスパートとチャットをするにはこちらをクリックしてください。