戦略的調達の4つのステップ

戦略的調達とは、データ収集、支出分析、市場調査、交渉、および契約をつなげる調達プロセスです。商品やサービスを実際に購入して支払う直前までの処理を扱います。

戦略的調達は、お客様固有のニーズに応じてカスタマイズできますが、その主なゴールは、単一の統合型システムを活用した収益性の向上になります。

戦略的調達のベストプラクティスとしては、伝票のデジタル化、デジタルビジネスネットワークへの参加、ワークフローの自動化が挙げられます。このプロセスは次の4つのステップに分類されます。

  1. データ収集と支出分析:支出分析では、サプライヤーデータを1つのソースに集約します。これにより、何がどこで支出されたのか正確に把握でき、ベンダーを合理化する機会をつかむことができます。

  2. サプライヤーの発掘とRFx:デジタルビジネスネットワークからサプライヤーデータにアクセスすることによって、調達業務が戦略的優位性をもたらす要素になります。サプライヤーにRFPをリクエストしたり、サプライヤー同士で競争させたりすることも可能になります。

  3. 交渉と契約:自動ツールによってワークフローが迅速化され、デジタル署名プロセスが簡素化されます。また、契約更新のアラート設定が可能な電子契約リポジトリーを構築できます。 

  4. 実装と最適化調達を自動化およびデジタル化すると、処理が迅速化し、継続的な最適化のためのフィードバックループを構築でき、最良の調達契約を締結するため、サプライヤーを継続的に評価できるようになります。

戦略的調達ソフトウェアをデジタルビジネスネットワークと組み合わせることによって、効率アップ、供給リスクの最小化、コスト削減を実現します。

Image used on ariba.com page about strategic sourcing
Image used on ariba.com page about strategic sourcing

戦略的調達のデジタル化によって購買が容易に

スプレッドシートを使用して手動で調達を管理していると、プロセス間にギャップが生じ、エラーのリスクが高まり、可視性が低下します。

単一のプラットフォームを通じたデジタル化によって、リスクを最小化し、コスト削減を実現し、プロセスを合理化することができます。また、サプライヤーが品質、コンプライアンス、コストの期待値を満たしていることを確認するのに必要な可視性がすべての関係者に提供されます。

開始から完了までのシームレスな戦略的調達のエクスペリエンスを構築

自動化およびデジタル化された調達は、適切なサプライヤーを選択したり、最良の取引を迅速に締結するのに役立ちます。

すべての購買を集約、分類する

調達から契約までのプロセスを標準化する

従業員をより戦略的な仕事に集中させる

新たなコスト削減機会を見つける

すべての支出カテゴリーで材料費の削減と最適化を推進する

業務を迅速化し、チームのスループットを向上させる

優れたサプライヤーやイノベーションパートナーを見つける

バイヤーやサプライヤーと容易につながり、複雑なプロセスを簡素化できる

SAP Aribaの戦略的調達ソリューション

Stock information in chinese
戦略的調達

要件を満たす適格なサプライヤーの探索、調達サイクルの迅速化、最も競争力があり価値の高い契約の締結により、あらゆる調達のニーズに対して持続的なコスト削減を達成します。

詳細
Five office workers standing in a clean office space
SAP Ariba Spend Analysis

各種システムの支出データをすべて整理統合し、調達案件の特定や優先順位付けを簡単に行うことができます。

詳細
Woman in a collared shirt looking off to her right
SAP Ariba Discovery for Buyers

バイヤーとサプライヤーの無料マッチングサービスです。世界の高品質のサプライヤーを指先で探し、ビジネスの価値を高め、コストを引き下げることができます。

詳細

SAP Ariba製品に関する質問

エキスパートとチャットをするにはこちらをクリックしてください。