Get a unified view of spend data for smarter business decisions

Managing spending has never been more critical, and spend management excellence now takes more than just increasing compliance and reducing costs. Procurement, finance, and supply chain leaders are being asked to help fund both innovation and core business growth. Orchestrate multi-tier supply chains while managing supplier risk. And engage a changing workforce and support new business models while also protecting employees and the brand.

That’s a lot. And the only way to succeed is by controlling each spend category while simultaneously coordinating spending and policy across categories. Traditional solutions can’t do that. They just prop up organizational silos. But with Intelligent Spend Management, you can do both. Because only with SAP can you achieve:

  • Comprehensive supplier and policy management – Supporting all categories of spend, be there every time money is spent, regardless of the source of that spending, and capture that data
  • Best-in-class control of each spend category – Optimize indirect materials, direct materials, services, external labor, and travel and expense
  • A unified view of spending – Bring spend data together from across all sources and categories and understand total costs so you can work with colleagues to make smarter, faster spending decisions

Take your organization to the next level with Intelligent Spend Management from SAP. Choose SAP Ariba for direct and indirect, SAP Fieldglass for services, and SAP Concur for T&E.

これらの目標を達成するには、適切なインフラストラクチャーとシステムが必要です。ユーザーエクスペリエンスがよくなかったり、チームやデータが分断されていては、目標を達成することはできません。SAP Aribaには、情報分析力を活用するための専門的な技術と知識が揃っています。

SAP Aribaを活用することにより、コストを中心に置いた調達・購買やサプライチェーン関連の尺度だけでなく、より戦略的なビジネスの優先度を考慮できるようになります。 調達から支払いまで (Source to Pay (S2P)) のプロセス全体で、ほぼすべての情報源のデータをつなぐことにより、より重要度の高い実行計画やプロセスを構築できます。これによって、優先度の変化に対応できるようになり、さらに高い成果を上げることができるようになります。

SAPは、AI、機械学習、ブロックチェーンなどの技術革新への投資を続けており、ソリューションを拡張し、調達から支払いまで (Source to Pay (S2P)) においてより多くの問題解決の情報分析力を取り入れようとしています。

Ariba Network:比類なきデータセット

Ariba Networkはダイナミックなデジタルマーケットプレイスであり、調達から支払いまで (Source to Pay (S2P)) 全体を通して他のどのネットワークよりも多くのデータを生成しています。20年以上にわたって膨大なデータのリポジトリが蓄積されており、現在では数百万の企業が数兆ドルの支出を行うことによってデータは蓄積され続けています。

Ariba Networkは、バイヤーとサプライヤーとの商取引に関する最大で最適なデータセットを保持しており、それによってはじめて可能になる新たな気付きや情報分析結果をお客様に提供しています。まさに比類なき存在です。

膨大な入力データから高い成果を上げる

SAP Aribaを活用することによって、調達・購買やサプライチェーンのデータ資産を管理するための俊敏で先進的なアプローチを手に入れることができます。これにより、さらに精緻な支出管理プロセスを実現するための5つの重要な要件を満たすことができます。

あらゆるソースのデータにアクセスでき、データの質の向上およびデータの拡張が可能で、必要なとき、必要な場所で迅速にデータを利用できます。

あらゆるデータへの自由なアクセスが可能になることで、全体像を把握し、より多くの洗練された情報に基づいて意思決定を行うことができます。

支出データの流れが滞らないように組織全体でプロセスをつなげ、すべての従業員が支出データの分析結果を活用し、継続的に変革を行い、成果を上げられるようにします。

4つの壁を越えて、サプライヤーや他のソースデータに自動的に接続でき、さらにAriba Network上の25兆ドルを超えるグローバルな商取引によって生成、蓄積された情報分析に自動的に接続できます。

オープンアーキテクチャー、API、開発者のエコシステムを通じて安全かつ簡単に外部システムとの連携や拡張、また、サードパーティのソリューションへの接続など、各社固有のビジネスニーズへの対応を図ります。

SAP Aribaソリューションの紹介

ソリューション概要

デジタルコマース用のSAP Aribaソリューションにより、ビジネスを変革し、Ariba Network上でいつでもどこでも、サプライヤーや他の取引企業と安全かつ効率的に連携できます。

詳細

Ariba Network

Ariba Networkはビジネス遂行のために企業同士がつながる場所です。バイヤーとサプライヤーによる取引上のコラボレーションを容易にし、両者の関係を強化するとともに、新しいビジネスチャンスを生み出します。

詳細

法的な免責事項に関する声明

注意事項:この文書に記載されている機能、SAPの戦略、将来の開発は、理由の如何を問わずいつでも、事前に通告することなく変更されることがあります。これは、何らかの新しい機能をリリースすると、SAPが確約するものではありません。この文書は、明示、暗黙を問わず、いかなる種類の保証も成立させません。これには、商業性、特定の目的への適合性、権利不侵害に関する暗黙的な保証が含まれますが、これらに限定されるものではありません。免責事項と声明を読む