SAP AribaソリューションとSAP ERPをシームレスに統合

企業は、ITとインフラストラクチャーに多くの投資を行っています。大企業におけるSAP ERP環境は非常に複雑になりがちで、すべてが独自の環境になっています。しかし、SAP S/4HANAを使用した統合のための一貫したシンプルなアプローチが存在しないわけではありません。このアプローチによって、SAP Aribaはさまざまな多くの統合シナリオを提供でき、多くのビジネスプロセスをサポートできます。最も典型的なプロセスとして、発注書(PO)と請求書の自動処理があります。

  • シームレスに統合された、クラス最高の調達・購買ビジネスプロセスを利用できます。
  • 全体的な統合コストを最小限に抑えることができます。
  • SAP ERP投資が保護され、価値をさらに高めることができます。
  • SAPとSAP Aribaの戦略を合わせることによって、今後の投資価値を継続的に確保することができます。
  • サプライヤーとの関係構築を加速化し、サプライヤーとのすべての商取引で、発注書と請求書の自動処理を実行できます。


製品の特長

マッピング

カスタマイズを行うことなく、標準的なサプライヤー統合手法にマッピングできます。

サプライヤーの統合

サプライヤーはAriba Networkに1回統合するだけでよく、個々の社内ネットワークに直接統合する必要はありません(サプライヤーの参加意欲向上につながります)。

SAP S/4HANAの組み込み

SAP Ariba SourcingとSAP Ariba Payablesを利用して、SAP S/4HANAベースの調達・購買を組み込むことができます。

プロセスの可視化

プロセスの可視性が高まり、サプライヤーのコラボレーション、イネーブルメント、自動化がサポートされます。