Skip to Content

カテゴリー間で支出を調整しながら、各支出カテゴリーを管理

支出管理は、かつてないほどその重要性が高まっています。今、調達・購買およびサプライチェーン担当部署のリーダーたちは、コンプライアンスを強化したり、コストを削減すること以上に、イノベーションや中核事業の成長のための投資に対して、有用な意見を求められています。サプライヤーリスクやサプライチェーンの混乱に備えながら、複雑なサプライチェーンを管理し、さらに、従業員と企業ブランドを守りながら、変わり続ける職場との関わりを深めることが必要になっています。

このためには、各支出カテゴリーを管理しながら、カテゴリーをまたいで支出とポリシーを調整する必要があります。SAPのインテリジェント支出管理ソリューション(SAP Aribaソリューション、SAP Fieldglassソリューション、SAP S/4HANA Cloud)を活用すれば、次のことが可能になります。

  • 購買エクスペリエンスの再創造:調達・購買を一元管理します。包括的な可視化が実現され、セルフサービスに基づいた、シンプルでスマートな購買エクスペリエンスを従業員に提供できます。
  • 支出リスクの最小化:あらゆるタイプの支出に対して、調達、契約、支出分析の洗練されたプロセスを提供します。これらのプロセスは、強力かつスケーラブルな実行プロセスと購買プロセスに完全統合されます。
  • 取引先との協業の加速:最新のサプライヤー管理機能を利用して、サプライヤーの開拓、審査、セグメント化を行います。受注から請求までの全プロセスを自動化して、人手を介さない、エラーゼロのインテリジェントな文書のやり取りが可能になります。

Accenture社の事例

支出プロセスを簡素化および自動化したいと考えていたAccenture社は、SAPのインテリジェント支出管理ソリューションを導入することにより、コスト削減を進めています。さらに、そこから得られるインサイトを使って、法規制に準拠した、スピーディな意思決定を行っています。

直接材/間接材の調達・購買向けSAP Ariba

SAP Aribaソリューションでは、直接材および間接材の調達から支払いまでの間に発生するすべてのデータをつないで、変動する優先順位に対応しながら、さらに多くのことを実現できる、洞察に満ちたエクスペリエンスとプロセスを創出することができます。

支出データの拡充

あらゆる場所から支出データをリアルタイムに収集し、そのデータを改良または拡張したり、必要なタイミング、必要な場所で迅速に利用できるようにします。

包括的なインテリジェンス

あらゆるデータへの自由なアクセスが可能になることで、意思決定が必要なあらゆる場面で、より確かでより賢い選択を行うことができます。

コネクテッドプロセス

支出データの流れが滞らないように、社内の直接材と間接材の調達・購買プロセスをつなげ、すべての従業員が支出データの分析結果を活用し、継続的に変革を行い、成果を上げられるようにします。

リスクの軽減

サプライヤー情報、パフォーマンス、リスク要因をまとめた信頼できる最新ビューにより、サプライチェーン、オペレーション、および企業の評判に対する脅威を軽減できます。

自動接続

サプライヤーや他のソースデータに自動的に接続でき、さらにAriba Network上の数兆ドルものグローバルな商取引によって生成、蓄積されたインテリジェンスにも自動的に接続できるようになります。

SAPソリューションの詳細はこちら

Man on his laptop at night with city skyline in background
SAP Ariba

Ariba Networkでは、革新的な調達・購買プロセスとサプライチェーンプロセスにより、取引パートナーとの連携を強化できます。

直接材・間接材支出管理ソリューション
Default image for page about source to pay integration with SAP Ariba solutions and SAP S/4HANA
SAP AribaとSAP S/4HANA

次世代の支出プロセスの統合を実現します。調達・購買とサプライチェーンのデジタルトランスフォーメーションを加速させ、コストを劇的に削減します。

統合の概要
A group of coworkers listen as one explains the benefits of Services Procurement
SAP Fieldglass

コンサルティング会社、フィールドサービス会社、メンテナンス会社、マーケティング会社などのサービスプロバイダーとのエンゲージメント、このような会社からのサービスの調達、その管理方法がシンプルになります。

外部ワークフォースソリューション