リスクのデューデリジェンスを調達・購買プロセスに組み込む

SAP Ariba Supplier Riskを利用してリスクのデューデリジェンスを調達・購買プロセスに組み込むことによって、バイヤーは購買前に、よりスマートで安全な意思決定を行うことができます。そして、バイヤーは十分な情報を得ることによって、サプライチェーンに混乱を生じさせない意思決定を行うことができます。これは、売上や評判を損なう事態を避けることにつながり、最新の正確なサプライヤー情報を確実に得られるようになります。

市場をリードするこのサプライヤーリスクソリューションでは、貴社のビジネス、各サプライヤーとの関係、またはロールベースで、リスクビューや警告をカスタマイズできます。また、リスクのエクスポージャーに基づいてサプライヤーをセグメント化することもできます。各サプライヤーの完全なビューを得ることによって、よりタイムリーで、状況に適合した、正確なビジネスの意思決定を行うことができ、取引対象企業とのコラボレーションを向上させることができます。

製品の特長

  • 継続的な監視

    継続的な監視を行うことにより、評判、コンプライアンス、財務、運営のリスクに対するエクスポージャーからビジネスを保護します。

  • サプライヤーの包括的なビュー

    サプライヤーのプロファイル、業務内容、リスクプロファイルを単一のビューに集約する、真に包括的なサプライヤーの360度ビュー。

リスクの警告

130以上のリスクインシデントを自動的に追跡することによって、リスクの警告を受信します。

市場調査データ

ニュースサイト、政府データ、災害情報システム、公的および私的なソースなど、500,000以上のソースから収集した市場調査データにアクセスできます。

継続的な評価

サプライヤーとの関係、継続的なエンゲージメント評価、外部データを考慮した評価とデューデリジェンスを活用して、サプライヤーリスクに対するエクスポージャーを計算します。

ERPとの統合

ERPベンダーマスターとSAP Ariba調達・購買アプリケーションの統合を通じて、サプライヤーが自らの情報をアップロード、メンテナンスするための簡単な方法を提供し、ソース ツー セトル プロセス全体にサプライヤーリスク管理とデューデリジェンスを組み込みます。

迅速なサプライヤー管理

SAP Ariba Supplier Lifecycle and Performanceソリューションとの統合を通じて得られるサプライヤーリスクに関するインサイトを活用し、サプライヤーのオンボーディング、審査、セグメンテーション、パフォーマンス管理を大規模かつ迅速に行います。

情報の統合

内部システム、関係と調達・購買に関するAriba Networkプロファイル、外部ソースから収集したサプライヤーリスク情報を統合して活用します。