企業の参加を促す

コラボレーション型コマースプログラムは、体系的なアプローチを採用することによって、成功に近づくことができます。アプローチは次のとおりです。

  • 貴社とサプライヤーがプログラムからいかに恩恵を受けるかを、組織全体に周知徹底させる

  • プログラムへの参加を促す重要な個人やチームを特定する

  • それらの個人やチームが各ロールと担当業務を理解できるようにサポートする

プログラムの進捗状態を確認し、それを伝達する必要もあります。

  • 成功のための基盤を構築

    コラボレーション型コマースプログラムを成功させるには、サプライヤーの参加が不可欠です。

    サプライヤーがプログラムに参加するかどうかは、コラボレーション型コマースのコンプライアンスポリシーの確立と伝達、および貴社内でのポリシーの周知徹底にかかっています。社内でのコンプライアンス強化については、次の4つの点について注意することが必要です。

    1. リソース:主要なロールと各業務

    2. ステークホルダー

    3. プログラムの流れ

    4. コミュニケーション

    1.  リソース:主要なロールと各業務

    関与する主要人物を特定し、それぞれがプログラムに費やす時間の割合を決めます。この表は、最も効果的であると実証されている組織構造を表しています。

    主要な役割

    説明/業務

    時間の割合

    スポンサー

    プログラムの予算管理担当者。

    10%

    ステークホルダー

    ポリシーの確立、ビジネスプロセスの定義、リソースの提供に関わる、調達・購買、経理、IT、トレーニングの各部門の意思決定者。

    15%

    サプライヤーイネーブルメントリーダー

    機能横断型チームを統率するプロジェクトマネージャー。プログラムのサプライヤーが500を超えたら、FTE(フルタイム当量)の半分を追加。

    100%

    経理部門のリソース

    マスターベンダーリストのクリーンアップとプログラムの実行管理担当者。

    10%

    IT部門のリソース

    システムの問題対応や統合テストを管理する担当者。

    15%

    サプライチェーンマネージャー

    サプライヤーへのメッセージの管理、カタログおよび購買発注のサポート担当者。

    20%


    これらのロールと各業務に関する詳細な説明については、PDFをダウンロードしてください


    2. ステークホルダー

    ステークホルダーが確実にプログラムに関わることができるように、Ariba Networkへのサプライヤーのオンボーディングプロセスの開始前に、ステークホルダーとのミーティングを行います。このミーティングの目的は2つです。一つは、新しいコラボレーション型コマースソリューションとその導入プログラムについて話し合うことであり、もう一つは、以下の事項について組織全体の理解とコンセンサスを確保することです。

    • この導入が企業の目標達成にどのように寄与するか

    • プログラムに沿った企業のポリシー、およびそれに従わなかった場合に生じる問題

    • コンプライアンスを徹底させる上でのそれぞれのステークホルダーの役割

    • 進捗評価に使用するKPI(主要業績指標)

    カスタマーエンゲージメントエグゼクティブやその他のSAP Ariba担当者が、ミーティングの目標と議題の策定をサポートします(議題の例については、ここをクリックしてください)。


    3.  プログラムの流れ

    サプライベース、プロジェクトの範囲、その他多くの内外の要因や影響など、時間の経過に応じて状況は変化します。そのため、コラボレーション型コマースの取り組みは短期間のプロジェクトではなく、継続的なプログラムとなります。

    目標を達成するため、そして結果を維持するためのイベントの順序やタイムラインの設定については、SAP Aribaのサポートに従っていただくことをお勧めします。以下の点にご注意ください。

    • 最初のリリース後に、他のサプライヤーのイネーブルメントを「ウェーブ(波)」のように繰り返して行う導入プロセスを実行します。

    • 間を空けないように、このウェーブは1週間に1回、または2週間に1回のスケジュールで実行します。

    • ウェーブの作業が重なるのを防ぐために、それぞれのウェーブはできる限り迅速に完了します。

    プログラムの流れのタイムラインの例については、この図をダウンロードしてください


    4.  コミュニケーション

    矛盾するメッセージを伝えると、サプライヤーは参加をためらうことになります。例えば、Ariba Networkへの参加を要請する通知を受け取ったサプライヤーは、そのことについて貴社に問い合わせるかもしれません。そのサプライヤーに対応する人がプログラムのことをよく知らなかったり、重要なことであると考えていなかったりすると、そのサプライヤーはすぐに、または将来、要請を無視するようになります。

    プログラムを成功させるには、リーダーシップチーム、従業員、同僚、およびこのコラボレーション型コマースの取り組みで影響を受ける他のすべての社内チームとコミュニケーションを取る必要があります

    以下の3点を伝達します。

    1. 我々はビジネスのあり方を変えようとしています。

    2. 変革を起こす練習をしているのではなく、また短期間のプロジェクトを実施しているのでもありません。このプログラムは組織のビジネス全体に根本的な変化をもたらすものです。Ariba Networkの導入後は、ペーパーベースのプロセスに戻ることはありません。

    3. プログラムの成功を実現するためには、すべての従業員とサプライヤーが、担当業務に関係なく、このプログラムによって生じる影響を理解し、さらに、各自の役割を確実に果たすことが求められます。

    B&H Photo社が、バイヤーとサプライヤーがイネーブルメントプロセスを開始する際のベストプラクティスを紹介しています。こちらからご覧ください

     

    社内の変更管理

    コラボレーション型コマースプログラムの開始をステークホルダーに通知し、参加を促します。

    詳細
  • 貴社にとってどんなメリットがあるのか?

    SAP Aribaソリューションが社内で幅広く利用されるためには、各社員が、自分にとって、そして組織全体にSAP Aribaソリューションがどんなメリットをもたらすのか理解していることが必要です。これらのメリットをエレベーターピッチやミッションステートメントなどに含めます。そして、SAP Aribaのソリューションやサービスについて話したり書いたりする際には、メリットが記述されたステートメントを組み込むようにします。

    まずは、なぜSAP Aribaを導入したかを考えるといいでしょう。おそらく、時間やコストを節約したいと考えた上で、より高い効率、強力なコンプライアンス、現金や運転資金のより優れた管理を通じてそれが実現できると認識したからではないでしょうか。

    以下の表は、企業がSAP Aribaを使用してこれらのメリットを実現し、取引対象企業との取引やコラボレーションを自動化する最も一般的な方法を示しています。

    実現したいこと

    SAP Aribaの利用により実現されること

    業務効率の向上

    • より多くの支出を把握し、管理する

    • 紙の請求書を電子請求書に置き換える

    • 経理チームメンバーの生産性を向上させる

    • 請求書のエラーや例外を最小限に抑える

    • 請求書の承認に要する日数を減らす

    コンプライアンスの強化

    • 未承認の支出や規定外の支出を最小限に抑える

    • 契約に基づき監視対象となる支出の割合を増やす

    現金/運転資金の管理の向上

    • 早期支払割引を活用する機会を増やす

    • 仕入債務回転日数(DPO:Days Payable Outstanding)を短縮する

    他の理由でSAP Aribaを導入した場合もあるでしょう。どんな理由だったのか再確認するために調査やその表現についてサポートが必要な場合は、カスタマーエンゲージメントエグゼクティブまでお問い合わせください。主要な社員、ステークホルダー、リーダーを含めて話し合いを行ってください。そろって目的についての草案を作成して、それを周知徹底プロセスの中に組み込みます。

     

  • 成功を評価して伝える

    次の手順に従ってください。

    コラボレーション型コマースの取り組みの進捗状況と効果を評価し、これを伝達することは、プログラムを長期的に成功させる上で重要なことです。評価プログラムの定義と実行においては一連の手順に従うことが(少なくとも最初は)重要であり、それは今までの経験によって判明していることです。

    次の6ステップに従ってください。

    1. プログラムのリーダー、ユーザー、その他のステークホルダー(エグゼクティブスポンサーなど)を特定します。誰がスポンサーであるか不明な場合は、プログラムの予算を管理しているのが誰かを考えてください。

    2. このイニシアチブのきっかけとなった課題、目的、目標を全員に周知徹底させ、それに沿って行動するようにします。

    3. 全員で、目的、目標に合ったKPIを設定します。測定可能な項目はたくさんありますが、最初は下の表に記載されている指標を重視してください。自社の状況に最も適した指標を選択します。

    4. 現在の状態をベースラインとして定義します。

    5. リソースの目標とプログラムの目標を整合させるためのインセンティブを導入します。

    6. 結果を報告します(報告は繰り返して行います)。

       

    目標

    指標

    トップクラスの値

    プロセスの効率
    (経理部門と緊密に連携)

    対象となる支出の中で自動化された支出の割合

    80%

    電子請求書の割合

    67%

    FTEあたりの請求書数

    33,000

    請求書の例外の割合

    12%

    請求書の承認までの日数

    4.1

    操作不要の請求書処理

    85%

    コンプライアンス
    (調達・購買部門と緊密に連携)

    契約漏れ

    0.46%

    管理下にある支出の割合

    55%

    資金管理
    (財務部門と緊密に連携)

    割引獲得

    0.20%

    運転資金

    0.27%

     

     

     

お客様の成功に役立つリソース

サプライヤーイネーブルメント

サプライヤーの参加を促し、サプライヤーにとってのコストとメリットをしっかりと理解し、それをサプライヤーに伝達します。

詳細
Ariba Networkでサプライヤーを見つける

SAP Aribaは、貴社と取引を開始する準備ができ、コスト削減とサプライリスクの低下に寄与するサプライヤーを見つけるのに役立ちます。

詳細
SAP Ariba Education

SAP Aribaが提供するいくつかのサービスを利用して、お客様にとって都合のいい方法でトレーニングを受けていただくことができます。

詳細

その他の情報

ヘルプが必要な場合

カスタマーサポートは、知識とサポートを得るためのカスタマーポータルであるSAP Ariba Connectを通じて提供されます。

お問い合わせ

カスタマーハブ

SAPポータルへの直接リンクをクリックして、お客様向けのさまざまなサポートチャネルをご確認ください。

詳細